男性

えごま油で認知症を予防できます|サプリメントで手軽に取り入れる

記事一覧

体に大切なアミノ酸

サプリメント

アミノ酸は、人の体を構成するタンパク質の元となる成分です。アミノ酸が不足すると、成長が阻害されたり、体力が低下したりするなど体調不良につながります。不足するアミノ酸は、サプリメントで摂取するのがおすすめです。すっぽんもろみには、9種類の必須アミノ酸をはじめとして、19種類のアミノ酸が含まれています。

詳しくはこちら

えごま油で脳を活性化

シニア

どのような病気か

認知症は最近テレビの情報番組や新聞でも取り上げられることが多くなってきているほど、多くの人がなっている病気でもあります。高齢化が進む世の中ということもあり、自分が認知症になってしまったら、又は自分の家族が認知症となってしまったらどうすれば良いのか不安に感じている人も多くいるといいます。認知症は脳の後天的な障害により、脳の働きが低下した状態と伝えられており、痴呆と呼ばれることもあります。認知症になってしまえば記憶障害が起こり、自分の事はおろか家族のことも忘れてしまい、人によっては気性が荒くなって攻撃的になることもあります。認知症にならないようにするために予防する方法が情報で伝えられると、その方法を行なう人が多くなる傾向もあります。

過剰摂取は良くありません

最近ではえごま油が認知症を予防するのに良い効果を引き出すと伝えられるようになり、一時期はえごま油がスーパーやコンビニなど、店で売り切れ状態が何日も続くことがありました。えごま油にはオメガ3脂肪酸という成分が含まれており、それが脳の活性化につながる働きを行ないます。脳に良いとされ、えごま油を摂取する人が増えてくるようになりましたが、えごま油もその名のとおり油であり、過剰に摂取することは逆に身体に良くありません。そのため、摂取量には気をつけなければならないことを頭においておきましょう。脳に良いということでたくさん摂取しようとする人がいますが、1日の摂取量は小さじ1杯だけで、予防をするための効果は十分活かされるのです。しっかりと予防をすることができるようになるためには過剰に取りすぎるのではなく、毎日適量を摂取し続けることで効果を十分に発揮することができるのです。食事の際に、生野菜にかけて食べるなどもよいですが、それが難しい場合には、サプリメントタイプを活用するのも良いでしょう。

糖尿病の見分け方

血液

現代人に多い糖尿病という病気は、血糖値だけでは見分けることが困難な場合もあります。そんな時にヘモグロビンa1cという数値を参考にすることで、より正確に糖尿病や将来的なリスクなどを確認することができます。

詳しくはこちら

アルコールによる体調不良

栄養補助食品

年をとると体内のオルニチンが少なくなることから、アセトアルデヒドの分解が進みにくくなります。するとアルコール摂取による体調不良や二日酔いが生じやすくなるのですが、これはオルニチンのサプリメントを飲むことで防止が可能となります。特に寝る前に飲むと、成長ホルモンとの相乗効果で分解が進みやすくなります。

詳しくはこちら